教会の歴史

杉並教会はプロテスタントのキリスト教会です。組合教会(Congregational Church)という教派に属しています。アメリカで生まれたこの教派は、教会の自治独立と協同の精神を大切にしています。江戸時代に存在した「五人組・十人組」という村落内の相互扶助の習慣(隣組合)から、自治と協同の精神を汲んで「組合教会」という日本名になったと言われています。
日本では京都の同志社大学が「組合教会」のルーツを持つ学校として知られています。同志社大学の創立者である新島襄は、若き日に脱国してアメリカに渡りキリスト教に入信しますが、その後、組合教会の「宣教師」として日本に帰国し、同志社大学の前身となる同志社英学校を設立しました。同志社大学はキリスト教主義教育に基づき、多くの牧師を養成してきました。「組合教会」という教派的伝統もあり、杉並教会の歴代牧師の多くは同志社大学出身の牧師が関わってきました。
杉並教会は1919年に設立され2019年に100周年を迎えました。また1951年には幼児教育施設として「杉並教会幼稚園」が設立され今日に至っています。幼稚園をはじめ「地域に開かれた教会」として日曜日ごとの礼拝を守っています。

集会案内

主日礼拝 毎週日曜日の朝に行われる礼拝です。
10時30分から11時30分ごろまでです。

どなたでもご出席できます。
子どもの教会 子どもたちを対象にしたプログラムです。
毎週日曜日9時20分から10時ごろまでです。

どなたでもご出席できます。
夕礼拝 19時から夕礼拝が行われています。
20分間の短い礼拝です。
讃美歌とお祈り、聖書の短いお話があります。
どなたでもご出席できます。

日時はカレンダーでご確認ください。
その他の集会 礼拝以外にも集会があります。

お問い合わせフォームかお電話でお問い合わせいただくか、カレンダーでご確認ください。

これからの予定

アクセス情報

住所
〒166-0012 杉並区和田3-48-8

アクセス / 最寄り駅
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺徒歩2分

連絡先
TEL : 03-3313-7171 
FAX : 03-3313-7172
totop